Orchestra Canvas Tokyo Blog

曲目の解説記事や団員・指揮者へのインタビュー記事などを掲載していきます。

マーラー / 交響曲第1番 ニ長調

私は三重の意味で故郷がない人間だ。 グスタフ・マーラーは1860年、オーストリア帝国のボヘミア地方に生まれた。両親はユダヤ人であり、その出自は彼の人生に大き……

2022/11/25

ラフマニノフ / ピアノ協奏曲第3番 Op.30

《ピアノ協奏曲第3番》は1909年夏、ラフマニノフが避暑地・作曲地として愛した、モスクワ近郊のイワノフカの別荘で作曲された。当代最高のピアニストでもあったラフマ……

2022/8/28

ラフマニノフ / 交響詩《死の島》 作品29

近代社会の到来と共に芸術のあり方が四散していった20世紀初頭、作曲家として円熟期を迎えていたセルゲイ・ラフマニノフは、交響詩《死の島》(1909)を発表した。ラ……

2022/8/28

ベルリオーズ / 幻想交響曲 作品14

幻想交響曲op.14はフランスの作曲家ベルリオーズ(1803-1869)が1830年に作曲した交響曲であり、彼の最大の代表作である。当時としては楽器編成、楽曲構……

2022/8/21

ビゼー / 《アルルの女》第2組曲

《アルルの女》第2組曲は、フランスの作曲家ビゼーの劇付随音楽《アルルの女》を元に、彼の親友でパリ国立音楽院作曲学教授のギローによって編曲された組曲である。 ビゼ……

2022/8/21

シャブリエ / 狂詩曲≪スペイン≫

エマニュエル・シャブリエ(1841-1894)は、フランスが近代国民国家へと変わりゆく激動の時代に生を享けた。6歳で音楽をはじめると、とりわけピアノ演奏におい……

2022/8/21

ドヴォルザーク / 交響曲第9番《新世界より》 ホ短調 作品95

チェコ共和国は、ヨーロッパの東部に位置し、東西の民族勢力の集合点に位置していた。その地理的状況により、異文化との多様な交流と接触を繰り返した結果、民族固有の音楽……

2022/8/14

コープランド / バレエ音楽「アパラチアの春」組曲

アーロン・コープランドは、1900年1月14日にニューヨークのブルックリンでユダヤ系移民の両親のもとに生まれました。 作曲家を志した彼は、ナディア・ブーラン……

2022/8/14

ガーシュウィン / パリのアメリカ人

ジョージ・ガーシュウィンは、1898年9月26日にニューヨークのブルックリンでロシア系移民の両親のもとに生まれました。 両親が兄アイラに買い与えたピアノを譲り……

2022/8/14

ブラームス / 交響曲第1番 ハ短調 作品 68

恩師シューマンの勧めにより交響曲第1番の創作に着手したブラームスは、その完成に実に二十年余りを費やした。シューマンは評論『新しい道』(1853)の中でも、ブラ……

2022/8/7
1 / 2